歯ぎしり・食いしばり

アゴだけでなく肩こり、頭痛、腰痛の改善も

それ、もしかしたらくいしばりが原因かも

☑ アゴが痛い
☑ 肩や首筋がこる

☑ 口を開くとき変な音が鳴る
☑ 原因がわからない肩こり、腰痛、頭痛などがある

☑ 虫歯でないのに歯が痛い
☑ 歯の詰め物がよく割れたり、外れる

などの症状でお困りではないですか?
これらの症状は実は、「食いしばり・歯ぎしり」から起きていることがよくあります。

上下の歯が噛みあっている正常な時間はトータルで20分くらいですが、ストレス、噛み合わせなどの問題で無意識に、主に夜中に歯を食いしばっている方が多く見受けられます。

根本原因は、歯の食いしばりなので、ここを改善すれば、
肩こり、頭痛、腰痛、首の痛み、歯の痛みなどの辛い思いを解決することができます。

 

名医である西村式の治療を導入

当院では、歯ぎしり、食いしばり治療の名医である西村育郎先生の西村式治療法を導入しています。

基本治療法として、昼用と夜用の2つのマウスピースを使って治療していきます。そうすることで早期にくいしばりを改善できます。
マウスピースを使って、後ろに下がっている下アゴを前に移動させ、ずれている下アゴを正しい位置にもっていきます。それにより呼吸が楽になります。首や肩が柔らかくなり、姿勢がよくなります。頭痛、肩こり、めまい、腰痛、アゴの痛みなどの解消にもつながります。

アゴの痛みがあったり、口を大きく開くことができなかったり、口を開くとアゴの骨がボキボキと鳴ったりする顎関節症の病気も、くいしばりが原因で起きる症状ですので、くいしばりが治れば、徐々に状態はよくなっていきます。

西村式の治療の特徴

昼用と夜用の2つのマウスピース、スプリント装置で治療をします。
通院回数は3~4回の通院で改善します。

寝ているときに歯をくいしばっても負担のかからない夜用のスプリントを製作して、装着してもらいます。この装置を装着することによって、症状が劇的に改善されるケースも数多くあります。

起きているときは、意識することで歯と歯を離すことができ、くいしばりを抑えることができます。しかし、頭ではわかっていても、つい、無意識のうちにくいしばってしまうものですし、自分がくいしばっていることに気付いていない方もいらっしゃいます。そのため、昼用マウスピース(保険適用)を製作して装着してもらい、改善につなげます。

昼用と夜用の両方を作る場合と、どちらか片方だけの場合があります。
また、症状によって、作るスプリントの種類も色々あります。

夜用のマウスピース

昼用のマウスピース

マウスピース

夜用の目的と特徴

目的:寝ているときに奥歯を当てないようにするため。

特徴:保険のより小さいので違和感が少ない。前歯のみ当てるため確実に奥歯を保護できる。

昼用の目的と特徴

目的:下あごを本来の正しい位置(=正中)にもっていき、その場所で固定するため。歯並びなどが原因で、ほとんどの方が上あごに対して下あごは左右前後のいづれかにずれて噛みこむようになっており、そのズレを補正し、本来人間の体で一番負担の少ない正中(真ん中)に合わせ、長時間固定することでまわりの筋肉のズレを補正、血行の改善を促す。 

特徴:マウスピースとしては珍しく下の歯に装着。まわりの筋肉のズレによるダメージの回復ができる。

料金

初診カウンセリング料 ¥5,000(税別)
昼用マウスピース製作 保険適応
夜用スプリント製作 ¥20,000(税別)
調整料 ¥2,000(税別)

健康保険の範囲内での治療にも対応しておりますので、ご希望があれば、お気軽にご相談ください。