いとう歯科クリニック

広島県東広島市安芸津町で小児歯科・訪問歯科診療・一般歯科を行っている いとう歯科クリニックです。

小児歯科

小児歯科とは

  • 小児歯科とは

    0歳~12歳頃までは乳歯が存在する年齢ですが、
    この時期は将来永久歯列期を、迎えるまでの大切な準備期間です。

    そのため個々の乳歯をしっかり管理していくことはもちろん、永久歯列期を迎えるまでに、歯の保存の重要性や、色々な病状とそれが及ぼす影響についてなど、
    お子さま本人と保護者の方々にも理解していただき、認識を高めること、
    そしてそのために大切な口腔管理を習慣にすることが求められるのが小児歯科です。

お子さまの不安を取り除く

  • 歯医者への不安を取り除く

    お子さまは、歯科医院へ行くのを嫌がっておられませんか?
    お母さん方の中には、お子様が聞き分けがない時など、
    「言う事を聞かないと、歯医者さんに連れていくよ」
    といって、言う事を聞かせている方がいらっしゃいます。

    これが度重なると、お子さまは歯医者(医者)に対して不安感、恐怖感を抱き、治療を嫌がるものです。
    これではなかなか治療が進みません。

    大事なお子さまのためにも、不安感を与えないように「歯医者」の説明をきちんとしてあげてください。

乳歯への考え方

  • 乳歯の歯並び

    子供の乳歯がむし歯になっても「乳歯だし、いずれは抜けるものだから…」と
    放っておかれるお母さんがよくいらっしゃいます。
    乳歯だって体の一部ですから、いろんな役割を持っているのです。
    乳歯の役割第一次成長期にある子供は一年間に急速な成長をします。
    この大切な時期に乳歯は、食べ物を咬み砕き栄養摂取の大事な役割をするのです。
    幼児期は正しい発音を覚える時期でもあります。正しい発音をするためにも、
    歯は大切な働きをしています。
    乳歯は次に生えてくる永久歯の正しい位置へ導く道案内の役割をします。

  • 乳歯への考え方

    人間の体には、加齢によって生えてきたり伸びたり無くなったりするものがありますが、
    すっかり違うものと交換されてしまうのは「歯」だけです。
    歯は乳歯から大人の永久歯へと完全な交換が行われます。
    どうしてでしょう?不思議だと思いませんか。
    これは体の発育に伴いあごの骨が成長し、それまでの小さく弱い乳歯では、
    用を足さなくなることからだろうと考えられています。
    やはり大人になったらそれにふさわしい歯が必要なんですね。

お子さまの初めての歯科検診は、乳歯が生え揃う2.5歳~3歳頃にすることをお勧めしています。

それ以降は、半年に一回の定期検診が理想的です。

もちろん年齢に関係なく、歯に異常が見られた場合には直ちにいとう歯科クリニックへご相談ください。

  • アクセスマップはこちら

    医療法人坂本会 いとう歯科クリニック

    【住所】 〒739-2402 広島県東広島市安芸津町三津4209-9
    【TEL/FAX】 0846-45-0272 / 0846-45-1268
    【診療時間】
     月火木金  8:30~12:00,14:00~18:30
     水、土曜日   8:30~12:30
    【休診日】 日曜日・祝祭日・水、土の午後
     ※但し祝日に伴い水曜日は一日診療する時があります
    【駐車場】 8台

    詳しいアクセス方法はこちら