いとう歯科クリニック

広島県東広島市安芸津町で小児歯科・訪問歯科診療・一般歯科を行っている いとう歯科クリニックです。

一般歯科

一般歯科とは

一般歯科とは、むし歯と歯槽膿漏の治療、および歯牙欠損部の補綴(おぎなうこと)を主とする歯科診療のことをいいます。

砕いていうと、むし歯や歯の根、歯周病等の治療、さし歯、入れ歯、予防など、乳幼児からお年寄りまでの歯とお口に

関する病気の治療を行います。

これは、歯科がもともとメインとして行っている内容ですが、小児歯科、矯正歯科、口腔外科など新しく専門標榜科が

うまれたため、これらと区別する意味で用いられます。

普通の歯科医がやっている治療と考えて問題ありません。

むし歯治療について

  • 虫歯治療

    むし歯治療の方法にはいろいろありますが、基本は「取り除く」ことです。
    ポッカリと穴が開いてしまった状態では自然治癒しません。

    エナメル質の脱灰が僅かで実質欠損がない場合はもう一度石灰化(再石灰化)して
    元の健康なエナメル質に回復することもありますが、基本的には細菌に
    犯されてしまった病的な歯質は取り残しがないようにしっかりと除去する必要があります。
    明らかな実質欠損を認める場合は、残念ですが歯を削らざるを得ません。

    また、C3以上のむし歯になりますと、いわゆる歯の神経を取り除くことも必要になり、
    むし歯治療としてはかなり厄介ですが、歯根が健全な状態であれば
    根気よく加療することで機能的な歯に修復することが可能です。

歯周病治療について

  • 歯周病

    歯周病は、歯周病菌という細菌によって引き起こされる病気です。

    歯周病菌は、歯と歯茎の境目についた歯垢(プラーク)に潜み、
    歯肉や歯槽骨(歯のまわりで歯を支えている顎の骨)等の歯周組織を破壊していきます。
    「歯槽膿漏」も歯周病の一種です。

    歯周病を治療しないまま放っておくと、歯周組織を破壊し、
    最終的には歯が抜け落ちてしまいます。歯周病はむし歯とは違って自覚症状が無く、
    気が付いた時には手遅れの場合もあります。

歯肉炎の初期段階ならば、歯みがきで歯垢を取り除き、歯石を除去する事で治療できます。

しかし、放置したままにしておくと、歯を支える歯槽骨が溶け始め、歯周病に進行してしまいます。

炎症が歯槽骨に達した段階でも、痛みを感じない事が多いので、気がつくと歯槽骨の破壊が進んで手遅れ、

という事もあります。

違和感があればすぐに診てもらうこと、定期検診を行うことをおすすめします。

  • アクセスマップはこちら

    医療法人坂本会 いとう歯科クリニック

    【住所】 〒739-2402 広島県東広島市安芸津町三津4209-9
    【TEL/FAX】 0846-45-0272 / 0846-45-1268
    【診療時間】
     月火木金  8:30~12:00,14:00~18:30
     水、土曜日  8:30~12:30
    【休診日】 日曜日・祝祭日・水、土の午後
     ※但し祝日に伴い水曜日は一日診療する時があります
     【駐車場】 8台

    詳しいアクセス方法はこちら