いとう歯科クリニック

広島県東広島市安芸津町で小児歯科・訪問歯科診療・一般歯科を行っている いとう歯科クリニックです。

予防歯科

予防歯科とは

一般歯科で抱きがちな「痛い」「怖い」「長い」というマイナスイメージとは全く異なり、お口の中を気持ちよくお掃除するという快適な処置が中心となります。

むし歯予防

  • 予防歯科

    むし歯はミュータンス菌の感染によっておきます。
    ミュータンス菌は砂糖を栄養源としており、酸を出して歯をとかします。
    ミュータンス菌は生後6ヶ月~3歳の間に最も感染しやすく、一度感染してしまえば一生その種類のミュータンス菌をもち続けます。
    感染の機会を少なくするには、子どもの身近な人(母親など)のミュータンス菌を減らすことにあります。
    また同じ箸で食べたり、口うつしで食べさせないことも大切です。

家庭で行えるむし歯予防

  • 仕上げ磨き

    ① 仕上げ磨き

    小学校3~4年まで親が寝る前に仕上げ磨きをしてあげて下さい。
    磨いた後は就寝まで食べ物・ジュース・アイスクリームなどを与えないで下さい。
    水またはお茶であれば大丈夫です。.

  • 麻酔治療

    ② フッ素

    フッ素入り歯磨き剤・フッ素のうがい薬などで毎日フッ素を使うようにして下さい。.

クリーニング

  • 無痛治療

    日頃のセルフケアだけでは不十分になりがちな歯の汚れや歯垢・歯石をプロの手でクリーニングします。

    毎日ブラッシングをしていても、お茶やコーヒーによる茶渋・タバコのヤニなどの汚れは歯の着色となります。そして、一度着色してしまうと通常のブラッシングでは取ることができません。着色は見た目に悪いだけでなく、歯周病や口臭の原因にもなります。

    お口の中の細菌が食べかすなどをエサにして繁殖した、白っぽいものをプラークといいます。歯ブラシの届きにくい、歯と歯の間や歯と歯ぐきのすき間などにつきます。
    プラークが長い時間お口の中にとどまることにより固まると歯石になります。
    歯周病はプラークと歯石の毒素が歯を支えているあごの骨までも溶かし、ついには歯がごっそり抜けてしまう病気です。
    プラークが歯石になってしまうと、やはり通常のブラッシングでは取れません。歯科医院での定期的な除去が必要になります。

  • アクセスマップはこちら

    医療法人坂本会 いとう歯科クリニック

    【住所】 〒739-2402 広島県東広島市安芸津町三津4209-9
    【TEL/FAX】 0846-45-0272 / 0846-45-1268
    【診療時間】
     月火木金  8:30~12:00,14:00~18:30
     水、土曜日   8:30~12:30
    【休診日】 日曜日・祝祭日・水、土の午後
    ※但し祝日に伴い水曜は一日診療することがあります
    【駐車場】 8台

    詳しいアクセス方法はこちら